夜は短し歩けよ乙女

森見登美彦

 

主人公たちと京都を散歩している気分になれた。

 

一目惚れからの憧れの恋

私のピュアさ